未分類

ピルの副作用で起こる頭痛の原因と対処法

腹痛の原因はホルモンバランスの変化!薬に慣れれば症状はでなくなる

ピルを服用すると、いくつかの副作用が起こる恐れがあります。

ピルを避妊のために使う場合、通常は毎日決まった時間に飲み続けます。副作用によるさまざまな症状は、飲みはじめの時期に特に多いのです。

ピルの典型的な副作用は腹痛です。ピルの副作用による腹痛は、他の原因で起こる腹痛とは異なる特徴があります。

ピルの副作用で起こる腹痛は頻度が多く、生理痛に近い痛みが生じます。また、痛みに加えて、下痢などの症状を伴う場合もあるのです。

このような症状が起こる原因は、ピルの服用によるホルモンバランスの変化です。

ピルの錠剤の中には、女性ホルモンの一種である、卵胞ホルモンと黄体ホルモンを人工的に合成した物質が含まれています。ピルを服用すると、これらのホルモンの量が多くなり、体に様々な影響を及ぼすのです。

ピルの副作用による腹痛は一時的なものです。服用を続けているうちに体が薬に慣れれば、不快な症状の多くは自然と消失します。

腹痛がひどい場合は痛み止めを飲むか病院で処置してもらう

ピルの副作用で腹痛が起こったときは、生理痛のときと同様、腹部を温めるとよいでしょう。

腹部が冷えると血流が滞り、症状がなかなか改善しません。保温マッサージをすると、簡単に血行がよくなります。

痛みがひどい場合は、痛み止めを服用することで症状が緩和します。一般的に市販されている痛み止めの薬は、ピルと一緒に飲んでも問題ありません。

痛みがひどくて耐えがたい場合は、腫瘍など別の原因が考えられます。症状があまりに辛い場合は、病院や診療所に行き、医師の診察を受けましょう。

医療機関では、内診や採血、エコー検査などが行われ、原因を特定したうえで適切な処理をしてもらえます。

医療機関で診察を受ける際は、ピルを服用していることを必ず医師に告げておきましょう。

ピルを飲むと体重が増える原因と対処法

体重増加はエストロゲンの働きで水分が溜まることで起こる

ピルの副作用による体重増加の原因は、エストロゲンによって、腎臓から塩分が排出されにくくなることです。

体の中に必要以上の塩分がたまり、その塩分が体内の水分をどんどん吸収していきます。過剰な水分が体に溜め込まれるために、体重増加やむくみが生じるのです。

ピルの服用を中止すれば、この症状は治まります。ピルを飲まず、エストロゲンが人為的に取り込まれなければ、不要な塩分は正常に排出されるため、水分が溜まることもありません。

ピルの休薬時間に入ると、大抵の場合、むくみは治まります。

ピルを飲んでいなくても、生理前は体の重さを感じる場合があります。これは体内で分泌されるエストロゲンの働きによるものです。

塩分を抑えた食事と適度な運動でピルの体重増加は防げる

ピルの服用による体重増加を防ぐには、塩分の多い食事を控え、水分の溜め込みを抑えましょう。

特に飲みはじめの時期は塩分の排出が悪くなり、水分が溜め込まれやすいです。

食べ過ぎや飲み過ぎは健康状態を乱しますが、医薬品を服用しているときには特にマイナスに働いてしまいます。

味付けの濃い食事や砂糖の多い食べ物を、お腹いっぱい食べるのは控えましょう。新鮮な食材を、できるだけそのままの味付けで調理し、食べる量も腹八分目に抑えることが大切です。また、多量の飲酒も控えるべきです。

食事の管理や運動を、意識的に生活に取り入れると、食欲のコントロールがしやすくなります。

日ごろから運動する習慣がないと、汗をかかないために水分が出て行かず、身体にむくみが生じやすくなります。

軽い運動を習慣的に行ったり、半身浴をしたりして、意識的に汗を流すようにしましょう。

ピルによる頭痛の原因と対処法

頭痛の原因はホルモンバランスの乱れとセロトニンの低下

かつてピルは、あまり印象の良いものではありませんでした。近年では月経前症候群や生理痛の軽減、ニキビの改善効果があることから、ピルを服用する女性は増えています。ピルを飲む際は、メリットだけでなくデメリットもあることを理解しておくことが大切です。

ピルの副作用としてよく挙げられるのが「頭痛」です。また、吐き気やめまいが併発する場合もあります。

頭痛は、ホルモンバランスの乱れと、セロトニンという物質の量の低下によって、血管が拡張されるために起こります。ホルモンバランスの乱れは、ピルを飲むことで、女性ホルモンが増えるために起こります。セロトニンの減少は、ピルに含まれる女性ホルモンの1種、エストロゲンの影響によるものです。

症状が出やすいのは、ピルを飲み始めた頃と休薬中の期間です。この期間中は症状を悪化させないよう、生活習慣の乱れや飲酒、ストレスの蓄積に注意しましょう。

頭痛を防ぐには副作用の起こりづらいピルや頭痛薬を使う

避妊効果や生理痛の軽減などのためにピルを飲んで、副作用の頭痛に悩まされるのは辛いものです。

ピルの副作用は服用を続けているうちにだんだん緩和されていくといわれています。しかし、あまりに頭痛がひどい場合は、医師に相談してピルの種類を変えてもらうとよいでしょう。

頭痛が出にくいピルは2種類あります。

3相性ピルはホルモン量が3段階で上がっていくピルです。本来の女性ホルモン増加のサイクルに近いため、ホルモンバランスが乱れにくいのです。

通常のものよりエストロゲンの量が少なくなっている、超低用量ピルも副作用が起こりにくいです。

また、普通の1相性ピルを3周期連続で服用して休薬の期間を作らない「3周期連続法」という方法もあります。

ピルを変える以外にも、市販の頭痛薬を使うのも有効です。ロキソニンやバファリンといった市販の頭痛薬は、ピルを併用しても問題ありません。

ピルの副作用で起こる吐き気について解説

吐き気は女性ホルモンの作用が原因

ピルを服用した際、最も起こりやすい副作用は吐き気です。

吐き気の原因は、ピルに含まれている女性ホルモンの「プロゲステロン」と「エストロゲン」の作用によるものです。また、「ピルを飲むと副作用が起こる」という先入観、苦手意識も原因として挙げられます。

プロゲステロンはインスリンの働きを低下させるため、低血糖を引き起こし、むかむかとした気分を引き起こします。

また、プロゲステロンは水分を溜め込む性質があるため、ピルを飲むと体がむくみやすくなります。その結果、老廃物が排出されにくくなったり、胃の蠕動運動が弱まったりすることで、胃の不快感や嘔吐を起こすのです。

エストロゲンの体内濃度が上がると、嘔吐中枢神経が刺激され、日常のちょっとした刺激にも敏感になってしまいます。

ピルの副作用はしばらくすると落ち着いてきます。副作用が起こっても、なるべく服用を続けるようにしましょう。

ピルによる吐き気は様々な対処法がある

ピルの副作用による吐き気は一時的なものではあるものの、つわりのような症状のため辛いものです。吐き気を感じたら、市販の乗り物酔いの薬を飲んだり、ピルを飲む時間を朝や空腹時ではなく、就寝前に変えてみましょう。

症状がひどい場合は医師と相談しましょう。1回に服用する量を半分にして、1日2回に分けて飲む方法や、エストロゲンの少ないピルに変える方法などが検討されます。

吐き気は自立神経の乱れによっても起こります。規則正しい生活を送り、ピルを飲むことに意識をとられ過ぎないようにしましょう。ストレスも自立神経を乱すので注意が必要です。

ビタミンや大豆イソフラボンにはリラックス効果があります。ただし、サプリメントで摂取するとホルモン濃度が高くなり、吐き気が強まる場合があるので、食事から摂るようにしましょう。