ピルによる頭痛の原因と対処法

頭痛の原因はホルモンバランスの乱れとセロトニンの低下

かつてピルは、あまり印象の良いものではありませんでした。近年では月経前症候群や生理痛の軽減、ニキビの改善効果があることから、ピルを服用する女性は増えています。ピルを飲む際は、メリットだけでなくデメリットもあることを理解しておくことが大切です。

ピルの副作用としてよく挙げられるのが「頭痛」です。また、吐き気やめまいが併発する場合もあります。

頭痛は、ホルモンバランスの乱れと、セロトニンという物質の量の低下によって、血管が拡張されるために起こります。ホルモンバランスの乱れは、ピルを飲むことで、女性ホルモンが増えるために起こります。セロトニンの減少は、ピルに含まれる女性ホルモンの1種、エストロゲンの影響によるものです。

症状が出やすいのは、ピルを飲み始めた頃と休薬中の期間です。この期間中は症状を悪化させないよう、生活習慣の乱れや飲酒、ストレスの蓄積に注意しましょう。

頭痛を防ぐには副作用の起こりづらいピルや頭痛薬を使う

避妊効果や生理痛の軽減などのためにピルを飲んで、副作用の頭痛に悩まされるのは辛いものです。

ピルの副作用は服用を続けているうちにだんだん緩和されていくといわれています。しかし、あまりに頭痛がひどい場合は、医師に相談してピルの種類を変えてもらうとよいでしょう。

頭痛が出にくいピルは2種類あります。

3相性ピルはホルモン量が3段階で上がっていくピルです。本来の女性ホルモン増加のサイクルに近いため、ホルモンバランスが乱れにくいのです。

通常のものよりエストロゲンの量が少なくなっている、超低用量ピルも副作用が起こりにくいです。

また、普通の1相性ピルを3周期連続で服用して休薬の期間を作らない「3周期連続法」という方法もあります。

ピルを変える以外にも、市販の頭痛薬を使うのも有効です。ロキソニンやバファリンといった市販の頭痛薬は、ピルを併用しても問題ありません。

SNSでもご購読できます。