ピルの副作用とその原因

ピルの主な副作用は吐き気や頭痛

ピルは、女性ホルモンの「エストロゲン」と「プロゲステロン」が少しずつ含まれている薬です。

エストロゲンとプロゲステロンは排卵を促すホルモンです。ピルによって少量のホルモンを摂取すると、脳は、排卵を促すホルモンが十分に分泌されていると勘違いします。その結果、排卵を促すホルモンが分泌されなくなり、排卵が抑制されるのです。

身体がピルに慣れるまでは、吐き気やむくみ、めまいという症状が出ます。他にも服用をはじめてから1ヶ月は頭痛や倦怠感、不正出血、乳房の張りを感じることもあります。

多くの場合、これらの症状は、服用を始めて1ヶ月から2ヶ月で軽減されます。

ピルを飲むと副作用で太るのではないか、と心配する人もいるでしょう。しかし、ピルに体重を増加させる副作用はありません。ピルを服用することで体調が回復し、食欲が増すため、結果として体重が増えるのです。

ピルの服用によって血栓症が起こる場合もあるので注意しましょう。ピルを飲み忘れ、次の日に当日の分と忘れた分を飲むと、血栓症のリスクが高まります。

ピルは避妊のほか、子宮内膜症の治療や、月経前症候群の症状の軽減などに用いられます。卵巣がんや子宮体がんなどのリスクも軽減できます。ただし、定期的に血液検査を行うことも大切です。ピルは正しい知識を持つことで、安心して服用できる薬です。

ピルの副作用は女性ホルモンの増減が原因

ピルは避妊効果の他、月経前症候群などにも効果を発揮する薬です。

主な副作用として挙げられるのは吐き気です。この吐き気は、具合が悪いときに感じるものではなく、妊娠初期に起こる吐き気に似ています。

この症状は、ピルを飲むことで女性ホルモンのエストロゲンの濃度が上がり、嘔吐中枢を刺激してしまうために起こります。また、エストロゲンによって臭覚が敏感になることも吐き気の原因として考えられます。

また、ピルに対する苦手意識が吐き気を感じさせている場合もあるのです。

倦怠感や頭痛は、エストロゲンが減少し、プロゲステロンが増加することが関係しています。

エストロゲンが減少すると血行不良が起こります。疲労物質がうまく排出されなくなり、だるさを感じるようになるのです。プロゲステロンは、水分を体内に溜め込む働きがあります。水分と一緒に老廃物も体内に残ることで、倦怠感が起こります。

生理痛に似た腹痛も女性ホルモンが関係しています。

ピルを服用し続け、身体が薬に慣れていくことでこれらの副作用は収まっていきます。副作用が起こっても、自分の判断で服用を中止しないようにしましょう。

人によってはピルが服用できない場合もあります。ピルを服用する際は、医師と相談しましょう。

ピルの副作用で血栓症が起こる場合がある

ピルは避妊薬としてだけではなく、女性特有の体調不良の改善など、様々な理由で使われています。

ピルは以前に比べて、身体に負担がかからないように改良されており副作用の頻度も少なくなっています。しかし、まれに重い副作用が起こることもあるので注意しましょう。

ピルの副作用で挙げられるのが血栓症です。血栓症とは、血の塊が血管を塞いでしまう病気です。ふくらはぎなどの静脈にできやすく、痛みやしびれを感じる場合があります。また、血栓症が肺などで起こると息苦しさを感じるようになります。

ピルを服用していると、血を固める成分が多くなります。そのため、血栓症が起こる可能性があるのです。

ピルの副作用で起こる血栓症は、10代、20代の若い世代よりも、30代や40代の女性に多く見られます。このことから、年齢を重ねるごとに発症する確率も上がるとされているのです。また、喫煙している女性や、肥満体型の女性にも多く見られます。

血栓症は放置していると命に関わる危険性があります。症状に気づいたら早めに病院へ行き、処置を受けましょう。

生活習慣を改善することでピルによる血栓症は防げる

ピルの服用による血栓症は、生活習慣を改善することでリスクを下げられます。

喫煙者は非喫煙者に比べて、血栓症を発症するリスクが高くなります。そのため、1日15本以上タバコを吸う人はピルを服用できません。ピルを服用したいけれど、なかなか禁煙できない、という人は医師に相談しましょう。

血がどろどろの状態だと血栓ができやすくなります。適度な運動と水分補給を心がけることで、血栓ができにくくなります。また、利尿作用のある飲み物を摂取するよう心がけるとよいでしょう。

ピルを服用中、少しでも血栓の兆候が見られた場合、無理に服用を続けず、医療機関を受診しましょう。

ピルによって血栓症が起こる頻度は低いので、過度に心配する必要はありません。生活習慣に気を配り、血栓症のリスクを防ぎましょう。健康な身体であるからこそ、ピルの服用にも意味があります。